Call us on 2514578498

Home » アナログレコードは勲章だ!

アナログレコードは勲章だ!

家のトイレにソニーのLED電球スピーカーを取り付けました。電球にスピーカーが
搭載されており、音はスマホその他からBluetoothで飛ばします。
古い電球をLED電球に取り替えるついでに、ちょっとしたお遊びのつもりだったのですが、
これが日常生活に大きな刺激を与えてくれる画期的な商品でした。

カーオーディオも進化しています
朝、トイレで好きなソウルシンガーの歌を必ず1曲聴くのですが、音のシャワーを
浴びているような感じが大変心地よく、1日の始まりが非常に快適になりました。
初めは訝しげだった妻もこの製品を気に入り、やはり頻繁に利用しています。
築50年を超える古い木造住宅の古いトイレに、最新テクノロジーの電球が
付いているというのは何とも不思議な感覚です。また壁の上半分と天井が木なので、
温かい、こもった響きのある音が体にじんじん染みこんで来る感じが非常に良いのです。
妻はラジオ番組を録音して聴くラジオ好きなので、数十年前の録音をスマホに入れ、
トイレで聴いています。近年はカーステでしか音楽を聴かなくなっていた私も、
過去音源をスマホに詰め込んでトイレで聴くようになりました。お互いトイレがあまりに
長くなってしまうのが困りものですが…。私は音楽をデータダウンロードで聞く時代に今もアナログレコードで聴いています。したがって最新曲を聴いている訳ではなく、30~40年以上前のSOULMUSICを中心に聴いています。そのころはまだCDもない時代でしたから音楽はレコードかカセットテープで聴くしかなかったんですね。レコードはシングル盤のEPとアルバムのLPがあってLPのジャッケトは私にとってはアートでした。そしてカセットテープはあくまでレコードの代品であって友達からかりたレコードを録音してラジカセやカ-ステレオで聴きました。当時の私たちにとってレコードは大変高価なものだったので、ほしいレコードや聴きたい曲がいっぱいあってもなかなか手がでなかったんです。ですから、その時代に買ったレコードは吟味に吟味を重ねて、しかもアルバイトで稼いだ貴重なお金で買ったので、それはそれは思い出のつまった宝物だったんです。その時代の多くの人は同じ気持ちだったと思います。そしてレコードについた傷はそのレコードを聴き続けた勲章だと思っています。

カーオーディオの専門店なら千葉県です

PR|カーオーディオ専門店千葉でカーセキュリティのことなら

Comments are closed.